黒川郡大郷町の歯科

体には良いけど歯には悪い😈

事務局の白根です✨

 

だんだん暑くなってきたので

ねこさんたち用のひえひえ座布団を買いました👍

大きいのを購入したのでみんなで使ってくれるかなと思ったのですが

一番上の大きいねこさんが占領しています🤣

使ってくれないよりは使ってくれた方がありがたいのでいいのですが・・・

仲良く使ってほしいものです✨

 

 

さて、今回は『スポーツドリンク』のお話です!

 

人間の体は、体重の約50~60%が水分で構成されていて、

一日で約2リットルほど体外に排出されます。

とくに暑い夏は汗とともに塩分もでていってしまうため、脱水症状に陥りやすくなります。

そのため、意識的に水分をとる必要があります。

水分補給を行うときに水だけでなく、電解質(イオン)、つまりカリウムやナトリウム、マグネシウム、カルシウムなどが含まれ

ている飲み物を接種する方が効率的に水分補給ができます。

そこで多くの人が選ぶのはスポーツドリンクではないでしょうか(。´・ω・)?

私も普段はただの水がほとんどですが、暑い時は

ごくごくとスポーツドリンクを飲みたくなってしまいます🤔

水分補給として、スポーツドリンクはとてもいいのですが

気を付けたいのはその糖分量です!

 

○スポーツドリンクの糖分量

スポーツドリンクには、エネルギーを補うため500㎖中

およそ30gほどの砂糖がはいっています😈

砂糖は、むし歯の原因菌のひとつである「ミュータンス連鎖球菌」の餌となります。

つまり、スポーツドリンクをとりすぎると、この菌が増殖して歯垢(プラーク)が形成され、

多量の酸がつくられることによりむし歯ができやすくなります。

また、スポーツドリンクはpH3.5と、意外に酸性度が高い飲みものなんです。

歯はpH5.4で溶けはじめますので、スポーツドリンクを飲み過ぎると、

ミュータンス連鎖球菌の出す酸も相まって、さらにむし歯ができやすくなってしまいます。

スポーツドリンクで歯が溶ける!?: 大川原歯科 桜ヶ丘ブログ

 

○工夫しよう✨

①飲むときはだらだと飲まない

だらだらと飲み続けることで糖が口に残り続け

虫歯ができやすくなります。

 

②スポーツドリンクの代わりにおすすめの飲み物

水分補給の際に、虫歯リスクを高めるのはスポーツドリンクだけではありません🤢

果汁100%のジュースやコーラなどの夏にごくごく飲みたくなる飲み物は虫歯リスクを

高めるため、飲み方には注意が必要です。

そこでおすすめなのが『経口補水液』✨✨

ポーツドリンクよりも糖分が少ない「経口補水液」が注目されています。

経口補水液は電解質の濃度が高いことから、

お茶と比べても身体に水分が補給されやすい特徴があります。

下痢や嘔吐などによる脱水症状を起こしたときにも最適な飲み物です。

 

 

夏に飲みたくものばかりですが

飲み方には注意しましょうね🤔