黒川郡大郷町の歯科

食べ物🍭

皆さんこんにちは!

大郷町歯科医院歯科助手の佐々木です!

梅雨も明けてとても暑い日が続いてますね💦

大郷町歯科医院でも暑さ対策をしていますがそれでもまだまだ暑いです😵

皆さんも、外に出られる際やお家にいる時、水分補給をこまめにし気をつけましょうね

 

それでは、今回は食べ物についてのお話しについてです!

人間も含めて、動物はそもそも甘いものが大好きです。

人間の味覚は、塩味よりも甘味の許容範囲の方がずっと広いのです。

味の経験の少ない子どもには、この点を気をつけないとどんどん濃い甘さが好きがエスカレートし、虫歯の原因を作ってしまいます。

〜赤ちゃんは生まれた時から甘党?〜

生まれてまだ数時間の赤ちゃんでも甘い液を与えるととても穏やかな顔をします。しかし、苦い液にはいやがる表情を示します。お母さんの母乳にも乳糖という甘味が約7%程度はいっているのは、やはり、人間が本来、甘さを好むからだと思われます。

 

〜おやつの甘さもいろいろ〜

子どもに濃い甘さを慣らしてしまうと、砂糖の食べ過ぎを招きます。砂糖は美味しい甘味料ですが、取りすぎると虫歯や肥満の原因となるので、要注意です。

天然の甘さは10〜15%くらいなので、この点を考えながらおやつを調整しましょう。

飲み物:8〜12%(%=糖濃度)

果物 :10〜15%

プリン・ゼリー :15〜20%

アイスクリーム :17〜20%

クッキー    :25〜30%

かりんとう   :30%

カステラ    :35%

チョコレート  :40〜50%

もなか・ようかん:45〜55%

キャラメル   :60%

あめ・キャンディ:80〜90%

 

〜食べ物から作る丈夫な歯〜

虫歯は、実は生活習慣病。

不規則で偏った食事をしていると歯にも悪い影響が出ます。バランスよく、規則正しい食習慣をお子様に与えることは将来の丈夫な歯を作る上でとても重要です。

・歯に良い食べ物リスト

歯の基礎を作る    :あじ、卵、牛乳

エナメル質の土台を作る:豚肉、レバー、にんじん

象牙質の土台を作る  :ほうれん草、みかん、さつまいも

歯の石灰化を助ける  :ひじき、チーズ、米

食事をする時は、ゆっくり食べてしっかり時間をあけましょう。

ダラダラと食べていると、お口の中の酸性度は上がったままになります。

PH5.5以下になると歯は溶けると言われています。また、よく噛んで食事をする事で唾液がお口の中を綺麗にしてくれます。

寝ている時は唾液が出にくいので、寝る1,2時間前にはお茶、お水を飲むようにしましょう。

歯を健康に保つためにも皆さんしっかり毎日の食生活を少しでも見直していただければいいなと思います🦷