黒川郡大郷町の歯科

全身の健康と歯周病

皆さんこんにちは🌞

大郷町歯科医院歯科助手の佐々木です。

ゴールデンウイークもあっという間に終わってしまいましたね。ゴールデンウイーク中にいちご狩りに行ったのですが少し遅くに着いてしまいお客さんも少なく良かったのですが肝心のいちごが少なく残念でした🍓

今日『全身の健康と歯周病』についてお話ししていきます🌈

まず、歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。

ですか、最近では、糖尿病などの全身の病気や、喫煙などの生活習慣が歯周病を引き起こしたり、悪化させる原因(リスクファクター)になっていることがわかってきています。

歯周病も生活習慣病のひとつとして認知されているのです。

歯周病の予防・改善して行くためには、口腔清掃はもちろん、ライフスタイルを見直して生活習慣病を予防し全身健康状態を整えていくことが重要です。

歯周病を悪化させる原因(リスクファクター)とその関係についてご紹介します。

〜歯周病を悪化させる原因(リスクファクター)〜

・喫煙

・遺伝

・糖尿病

・薬の長期服用

・食習慣

・口腔清掃

・性ホルモンの不調和

・悪習慣

・ストレス

があります。

〜関係性〜

『糖尿病が歯周病に与える影響』

血糖値が高い状態が続くと白血球の機能が低下して細菌に抵抗ができなくなるため、歯周病が悪化しやすい状態になります。

 

『喫煙が歯周病に与える影響』

喫煙は血管を縮小させて、歯肉の血行不良を引き起こします。そのため、見かけの歯肉の炎症は少ないのですが、歯周病最近に対する抵抗力を低下させて、歯周病を重症化させます。

ニコチンは歯周治療によって生じた傷口を治りを悪くします。

 

『ストレスが歯周病に与える影響』

精神的ストレスにより中枢神経が影響を受け、生活習慣(ブラッシング、喫煙、食生活など)を変化させ、歯周病を悪化させることがあります。

 

『薬の長期服用が歯周病に与える影響』

◎長期服用で歯肉の増殖を引き起こす薬があります。

抗てんかん薬(フェニトイン)

免疫抑制剤(シクロスポリンA)

降圧剤(ニフェジピン)など

⚠︎常用者すべてが歯肉増殖を引き起こすわけではありません。また、増殖の程度は個人差が大きいです。

 

『性ホルモンの不調和が歯周病に与える影響』

思春期や妊娠時など性ホルモンのバランスが崩れる時期に、歯肉の炎症を引き起こしたり、悪化させることがあります。

 

『遺伝が歯周病に与える影響』

遺伝的に細菌に対する抵抗力が強い人と弱い人がいます。

重症の歯周病にかかっている方のいる家系では、とくに歯周病予防の注意が必要です。

 

『食習慣が歯周病に与える影響』

砂糖摂取の過多、咀嚼の不足は歯周病の原因であるプラーク(歯垢)を増殖させたりつきやすくします。

不規則な食事、栄養の偏りは全身の健康に悪影響を与えます。

歯周病にも様々な原因があります。

歯周病が重症化してしまうと自然に歯が抜け落ちてしまうこともありますので皆さん十分に注意しましょう🦷