黒川郡大郷町の歯科

タバコ

皆さんこんにちは🌞
大郷町歯科医院歯科助手佐々木です🦷
今月は、寒かったり、暖かかったり地震があったりとしましたね。みなさんは大丈夫でしたか?
私は、家も問題なく安心しました。

今回は、タバコの危険性についてお話ししていきます。

〜タバコによる危険性〜

1,口腔がん
胃や肺と同じように、口の中(頬や舌)にもガンは発生します。
喫煙、強アルコール性飲料、不潔な口腔環境、合っていない入れ歯などが関係しています。毎日、タバコを吸っている人は、吸わない人に比べて2.57倍も口腔がんにかかりやすくなります。
その他、肺がん、食道がん、胃がん、胃潰瘍、気管支喘息、気管支炎などの危険性も高くなります。

2,タバコの本数と肺がん
1日9本まで(平均5本)しか吸わなくても、死亡率は2.2倍になります。
3,若年者とタバコ
若年者の身体には、成長途中(未文化)の細胞が多いため、タバコを吸い始める年齢が若いほどがんになりやすく、死亡率が高くなります。
また、未成年でタバコを吸い始めると、ベビースモーカーにも、なりやすくなります。

〜タバコとお口の健康〜

1,タバコを吸うと、歯が抜ける?
平均的な喫煙者は、タバコを吸わない人と比べて、3倍も歯周病にかかりやすく、また、2倍も多く歯が抜けているという報告があります。

5,タバコはなぜ悪い?
・ニコチンの血管収縮作用
・歯を支えている骨を溶かす
・死肉の線維化
・白血球の機能の抑制
・死肉の修復機能の対する悪影響

タバコを吸わない人の歯肉は、ピンク色でとても柔らかいが、タバコを吸う人の歯肉は、少し黒がかり、ニコチンにより血管が収縮され、血が通わなくなり、歯肉がかたくなっています。

〜受動喫煙〜

受動喫煙とは、タバコを吸わない人が他人のタバコの煙をさわされることをいいます。

1,夫のタバコでガン

夫がタバコを吸うと、妻は自分が吸っていないのにも関わらず肺がんになりやすいことが判っています。

2,お父さんのタバコで

・妊娠中の胎児には

父親が20本以上の喫煙者の場合、

吸わない父親の3倍以上の割合で、奇形児が生まれるという。

・タバコと赤ちゃん

家族がタバコを吸っていると、

子供は肺炎や気管支炎にかかりやすくなります。

3,妊娠とタバコ

喫煙していた母親の子供は、非喫煙の母親からの子供より、身長の発達が7〜9ヶ月遅れるだけでなく、

知能も遅れていると報告されています。

〜禁煙の効果〜

1,禁煙すれば

禁煙することで、総死亡率、ガン、高血圧、心臓病など全ての危険率が低くなります。禁煙して5年以上たつと、ほぼ吸わない人の場合に近くなります。

2,禁煙の方法

・きっぱりとやめる

少しずつ本数を減らすよりも、やめやすい。

・家族全員で禁煙を

子供や妊婦の喫煙には、両親や夫など家族全員の協力が必要です。

歯が抜けてしまったり、体への影響、周りにも悪影響を及ぼしてしまうのでタバコには十分に気をつけましょう🦷🦷