黒川郡大郷町の歯科

歯磨きについて

こんにちは!大郷町歯科医院歯科助手の佐藤です🌜

皆様あけましておめでとうございます御座います!今年も宜しくお願いいたします😉

 

さて今回紹介する話は『歯磨きについて』です。

歯磨きは毎日習慣的に行う事の一つですよね!

ですがなぜ歯を磨いているのか、ということを考えたことはありますか?

今回はそんな歯磨きについてお伝えしていきたいと思います🧞‍♀️

 

歯磨きの意味🦴

歯磨きはただ食べかすを落とすのではなく、歯垢(歯の表面についた細菌の塊)を除去したり、歯肉をマッサージする効果があります。

 

歯ブラシの選び方🥦

⚫︎歯ブラシの毛の硬さ

磨き方の方法にもよりますが、歯の表面の汚れを落とすには毛先が硬いものより普通かやわらかめの歯ブラシが良いです!ですが、歯肉がすごく晴れている場合にはより柔らかめの歯ブラシのほうが痛みが少なく磨くことができます☝🏻

ただし、毛先が柔らかいためにコシがなく、歯垢を除去しにくい、という欠点があります。。また、ブラッシング圧が強いことにより毛先が硬くても柔らかくても歯肉に傷をつけたり、歯が削れてしまうことがあります。😭

 

⚫︎歯ブラシの種類🍥

・歯ブラシのヘッドは小さめが奥歯まで磨きやすいです。

・毛先がギザギザのものより、真っ直ぐなものが磨きやすいです。

・毛質は動物の毛では乾きにくく、不潔になりやすいので、比較的乾燥しやすいナイロン毛が良いです。

 

歯ブラシの寿命🍔

基本的には1ヶ月に1回の交換が目安になります!(綺麗であっても細菌が繁殖するため月一回は交換が必要)

毛先が開くと清掃効率が悪くなるので交換してください。(ただし、一ヶ月以内に毛先が開くようなら力を入れすぎて磨いている可能性が高いので力を弱めて磨くよう心がけましょう)

 

歯磨きのポイント🧸

1. 歯と歯の間、歯と歯肉の境目を意識して磨くようにする(歯垢が一番つきやすい。歯ブラシだけでは歯垢が取れないので、デンタルフロス、歯間ブラシなどを使用する)

 

2.磨き残しを防ぐために、磨く順番を決めてあちこち磨かないようにする

 

3.力をできるだけ抜いて小刻みに歯ブラシを動かす。(大きくゴシゴシ動かすと歯と歯の間、歯と歯肉の境目に毛先が当たらずよく磨けません。大きく動かすことによって歯肉を痛めることがあります)

 

今回は歯磨きについてでした!

いかがでしたでしょうか?普段何気なくしている歯磨きですが、よく考えて磨かないとちゃんと汚れが落とせていなかったり、歯を痛めてしまったりということが考えられます。

磨けば良い!というわけではなくしっかり歯磨きについて考えて磨くことが大切ですね!私も頑張ります🍑