黒川郡大郷町の歯科

タバコを吸うことによって生じる危険性

こんにちは!大郷町歯科医院、歯科助手の佐藤です🥕

もうすっかり秋!という感じで最近は肌寒い日が多くなりましたが体調管理をしっかりしていこうと思う今日この頃です😌

 

さて今回皆様にお伝えしていくのは、

タバコを吸うことによって生じる危険性

についてです🚬

 

タバコを吸われる方は多くいますが、吸うことによって身体に様々な悪影響を及ぼすという話は聞いたことがあると思います。

では実際にはどのような悪影響があるのか。そちらについてお伝えします🧸

 

1つ目 口腔ガン🦠

胃や肺と同じように、口の中(舌や頬)にもガンは発生します。。喫煙、強アルコール性飲料、不潔な口腔環境、合ってない入れ歯などが関係しています。

毎日タバコを吸っている人は、吸わない人に比べて2.57倍も口腔ガンにかかりやすくなります!!

その他、肝臓ガン、食道ガン、胃ガン、胃潰瘍、気管支喘息、気管支炎などの危険性も高くなります。

 

二つ目 タバコの本数と肺がん🚬

一日9本まで(平均5本)しか吸わなくても、死亡率は2.2倍になります。。

 

三つ目 若年者とタバコ🙋🏻‍♀️🙋🏻‍♂️

若年者の身体には、成長途中(未分化)の細胞が多いため、タバコを吸い始める年齢が若いほどガンになりやすく、死亡率が高くなります。

また未成年でタバコを吸い始めると、ヘビースモーカーにも、なりやすくなってしまいます。

 

三点あげましたが、これら以外にも健康状態についての悪影響もありますのでお伝えしていきます🙆🏻‍♀️

 

4つ目 タバコを吸うと、歯が抜ける?

平均的な喫煙者は、タバコを吸わない人と比べて、3倍も歯周病にかかりやすく、また2倍も多く歯が抜けているという報告があります。。

 

五つ目 タバコはなぜ悪い

悪い理由としては、

・ニコチンの血管収縮作用

・歯を支えている骨を溶かす

・白血球の機能の抑制

・歯肉の線維化

・歯肉の修復機能に対する悪影響

というようになっています。

タバコを吸わない人の歯肉は、ピンク色でとてもやわらかいですが、タバコを吸う人の歯肉は、少し黒みがかり、タバコに含まれるニコチンという物質により血管が収縮されて、血が通わなくなり、歯肉が硬くなっていくそうです、、

 

今回はタバコを吸うことによって生じる危険性についてお伝えさせていただきましたがいかがでしたでしょうか?

 

今まで聞いたことがなかった危険についても今回この記事を通して知っていただき、リスクについての知識を高めていただけたら幸いです😌

歯を綺麗に保てるように毎日口腔内を清潔に保つよう心がけていきましょう!😻💡