黒川郡大郷町の歯科

セラミック治療とは?動画で説明します

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!宮城県黒川郡大郷町歯科医院をいつもご利用いただきありがとうございます!

ある程度大きな虫歯になってしまうと、どうしても歯を削らないといけなくなってしまいます。そして虫歯の大きさや範囲によって歯の修復方法は変わってきます。そこまで大きな虫歯じゃなければ、削ったところに歯に近い色のプラスチックを詰めて治していきます。虫歯の範囲が広いと、このプラスチックを詰める処置では耐久性に問題があるので(プラスチックは弱い材料なので、大きく詰めると欠けたり割れたりしてしまいます)削ったところを型取りして、詰め物を歯科技工士さんに作ってもらい、それをはめ込んで修復する方法が必要になります。

プラスチックの詰め物
型取りしてはめ込む詰め物

この2つの治療は健康保険を使って治療することが可能です。ですが、保険の決まりがあるので、決められた材料でしか修復できないのです。なので、歯に詰めるのはプラスチック、はめ込む詰め物は金属のものになります。

そして、虫歯が神経までいってしまった大きな虫歯の場合は、神経を取る処置をしなくてはいけなくなります。だいたい歯を大きく削るので、神経の処置が終わっても噛めないですし、歯としての機能を果たせないので、補強の土台をたてて(歯は神経を取ってしまうと、もろくなり欠けやすくなります)被せ物をしないといけなくなります。

 

被せ物(前歯バージョン)

この被せ物も、健康保険を使って作る事が可能です。ただ、やっぱり使用できる材料は金属(前歯の場合は金属の表面にプラスチックを貼り付けた物)に限られてしまうのです。虫歯の修復として最低限の事は出来るのですが・・・ここで問題があるのです。

『金属が見えるとかっこわるい』『私は金属アレルギーなの』『前歯の差し歯が変色してしまった』などの悩みです。

見た目を重視すると、確かに笑った時に見える金属はお顔の印象を大きく変えてしまいます。そして前歯の差し歯の表面に張り付けてあるプラスチックは、水分をよく吸収してしまう性質がありますので、長く使っていると変色してしまう物なのです。差し歯の部分だけ色が変わってきたら・・・目立ちますもんね。そして金属を使えば金属アレルギーの心配も出てきてしまいます(今までそうじゃなくても、発症する場合があります)金属は劣化して溶けだしたりするので、被せ物や詰め物に隙間ができやすく、虫歯の再発もしやすくなってしまいます。歯茎も黒く変色するケースもあります。このような悩みを解消してくれるのが『セラミック治療』です!!

セラミック治療とは?

セラミック治療は本物の歯のように透明感があり、審美的にとても優れています。見た目を気にする方には最適です。そして、見た目の美しさだけではなく、強度もあり、歯に強固に接着するので虫歯の再発もしにくいことや、汚れが着きにくい、プラスチックのように変色しないなどのメリットもあります。もちろん金属を使っていないので、金属アレルギーの心配や歯ぐきの変色の心配もなく健康面でも優れているのです。

セラミック治療の注意点

セラミック治療といってもいい事だけではないので注意しましょう。まずは費用に関してです。これは健康保険適用の材料ではないので、自費になります。治療が必要な歯の本数などを把握して、どこをどのような材料。方法で治すかを先生とスタッフとよく相談してから決めましょう。費用が気になる時は見積もりを出して、相談することが可能です。また、セラミックは強度は強いのですが、突発的な衝撃には弱いので、硬いものをガリっと噛んでしまったり、転んで歯をぶつけたりしてしまうと欠けたり割れたりしてしまう可能性があります(保証期間内ですと作り直しなどは可能になる場合があります)また、どんな材料を使っても同じことなのですが、メンテナンスが大事になってきます。いくらセラミックを入れたとしても、ちゃんとメンテナンスができていなければ、虫歯や歯周病になってしまいますので、安心してはいけません。

 

セラミック治療に興味がある方はいつでもご相談ください。施術が分かりやすく理解できるように、説明動画もありますので、是非ご覧になって下さい(/・ω・)/