黒川郡大郷町の歯科

インプラントとは?動画で説明します

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!宮城県黒川郡大郷町歯科医院をいつもご利用いただきありがとうございます!

歯を抜いたら入れ歯しかないの?

もしも虫歯や歯周病で歯を抜くことになってしまったら・・・。その後はどうなるのか気になりますよね。歯は1本1本大事な役割があり、1本でも失ってしまうとかみ合わせや歯並びのバランスが崩れてしまいます。そうすると上手く発音できなくなってしまったり、咀嚼ができなくなったりして日々の生活や健康に影響が出てしまうのです。もちろん前歯がなくなってしまったら見た目的にもかっこ悪いですよね。そこで失った歯を補うために代わりの歯を入れないといけません!(失った歯の場所によってはそのままの時もあるので、治療計画は担当の先生とよく相談して下さい)

代わりの歯?と聞いて思いつくのはどんなものですか?きっと差し歯とか入れ歯を最初に思いつく方は多いでしょう。実際にもう口の中に入っている・・という方もいると思います。

このように歯を抜いてしまった後の処置としては絵のように「入れ歯」または「ブリッジ」という方法で歯を入れていきます。ただ、ブリッジは両隣の歯を小さく削って型をとり、出来上がった3つ繋がった被せ物を歯にくっつけて入れていきます。両隣の歯を支えにしているので、抜いた所の前と後ろに歯がないとできない治療です。歯を抜いた本数が多ければこのブリッジの歯の本数も増やすことは可能ですが、保険での決まりで出来ない症例があったり、あまりにも失った歯が多いとブリッジでは耐久性や支えの歯の負担も考えて、治療ができない・・・という事もあります。また、セメントでくっつけて固定するので、外れたりすることはほとんどないです。そうすると、歯間ブラシなどの歯ブラシ以外の清掃用具を使ったりしてお手入れをしないと長持ちしません。(お手入れをしていないと支えの歯が虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます)ブリッジは隣の歯を削らなくてはいけないという最大のデメリットがあります。元々両隣の歯が治療している歯であれば、このリスクは回避できるのですが・・健康な歯だったらブリッジの為に削るのはとってももったいないと思います。(歯は削ると歯の寿命が短くなってしまいます)ブリッジは違和感はそこまでなく、噛む力もそこそこ出せるので治療法として選択する方は多いのですが、説明したようなリスクも考えてから決めていきましょう!!

また、入れ歯ですがこれは歯を沢山失った方はだいたい入れていると思いますが、実際に入れ歯を入れている方の感想は「痛い・硬いものが噛めない・違和感が強い・喋りずらい・見た目が悪い(人に知られたくない)」というのが多いです。歯を沢山失うと・・入れ歯を入れなくてはいけなくなることがほとんどですが、このような問題を抱えながら生活していくのはストレスになってしまいます・・。そこでもう一つの方法として「インプラント」という治療法があります!!

インプラントとは?

インプラントとは、ブリッジや入れ歯とは違い隣の歯を削ったり、隣の歯に留め金をかけて支えたりしなくても良い治療法です。簡単に説明すれば、「顎の骨に人工の根っこを埋めて歯を立てる方法」です。

この絵のようにネジみたいな人口の根っこを入れるのです。そうすることで、隣の歯に負担をかける事無く、噛めるようになるわけです。入れ歯のように違和感もなく、硬いものだって噛めるようになるのです!入れ歯で食べる事の楽しみを諦めていた方でも希望が持てると思います(ただし、保険適用外、顎の骨の状態によっては治療ができない場合があります)

イメージしやすいようにドクター・スタッフに協力していただき説明の動画を作製してもらいました!ぜひ参考にご覧になって下さい!!