黒川郡大郷町の歯科

妊娠中は赤ちゃんにカルシウムをとられるから虫歯になる?!

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!宮城県黒川郡大郷町歯科医院をいつもご利用いただきありがとうございます。

歯についての色々な噂・・・みなさん一度は聞いたことがあると思います。例えば、「親知らずを抜くのはすごく痛い」とか「炭酸飲料で歯が溶ける」など・・。確かに親知らずを抜くときは痛みがあったり腫れたりすることもあります。しかし、親知らずの生え方や場所によっては痛みや腫れがなく終わる場合もあるんですね(´・ω・)また、炭酸飲料で歯が溶ける・・・といのも間違いではあります。歯が溶けるのは口の中の酸性度が強くなると溶けてしまいますが、口の中が炭酸ジュースなどで酸性に傾いても、唾液の作用で中性に戻す働きがあります。なので時々飲む程度なら溶けることはないと言えます。でも、炭酸ジュースを飲む頻度が多かったり、唾液の減る寝る前に飲む習慣があると・・歯は少しずつ溶けてしまう可能性があるのです。

ではこのような噂は聞いたことがございますか?

「妊娠中は赤ちゃんにカルシウムをとられるから虫歯になる」

確かに妊娠中は虫歯や歯周病になりやすいです。でも、それは赤ちゃんがお母さんのカルシウムをとっているわけではないんです(;´・ω・)今日はなぜ妊娠中に虫歯や歯周病になりやすいのか?を説明します。正しい知識を身につけましょう!!

妊娠中の口腔内について

確かにお腹の中の赤ちゃんはお母さんに栄養をもらって育っていきますので、カルシウムをとられる・・と聞くと納得してしまいますよね。でも実は違います。お母さんの歯から一度作られたカルシウムやその他の成分が溶けだしたりすることはないです。ではなぜ妊娠中に歯が悪くなってしまいやすいのか・・・?

理由はいくつかありますが、まずはつわりの影響で歯磨きがおろそかになってしまったり、嗜好が変わったりして虫歯ができやすくなってしまう可能性があります。あとはホルモンのバランスが変化して、「妊娠性歯周炎」とか「妊娠性エプーリス」という歯茎の炎症やできものができることがあります。

妊娠すると今までとは同じようにいかないこともあり、生活のリズムが乱れてしまい、歯のお手入れがおろそかになってしまったり、ホルモンのバランスの変化で歯茎から血が出たりしやすくなるわけですね。

妊娠中の歯科治療

妊娠中は安定期に入ったら歯科医院で出来る範囲の治療を受けることが可能です。出産後も子育てで忙しく歯科にかかる時間がなくなってしまいがちなので、安定期に検診を受けたり、クリーニングをしたり、虫歯がある方は治療を済ませておきましょう。※先生とよく相談して治療計画を考えましょう。

そしてお腹の中の赤ちゃんにも健康な丈夫な歯が生えてくるようにバランスの取れた食事を心がけ、良質なたんぱく質やカルシウムを充分にとりましょう。