黒川郡大郷町の歯科

なぜ入れ歯をいれないといけないの?

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!宮城県黒川郡大郷町歯科医院をいつもご利用いただきありがとうございます!

 

虫歯や歯周病は歯がなければ発症しない病気です。じゃあ歯がなければ虫歯になって痛い思いもしないし、歯がなければ歯周病になって歯が動いて噛んだら痛い思いや口臭もなくなるから歯なんてない方がいいじゃん!!と思い「歯なんて全部抜いてくれー」という考え方の方がいることもあります。全部入れ歯でいいと・・本当にその方が快適なのでしょうか?

虫歯や歯周病になってしまい、しょうがなく歯を抜くことになり・・抜いてすっきり!!「じゃあまた何かあったら来ますねー」と帰っていく患者さん・・。入れ歯を作っても合わないと言って使わずに保管している患者さん・・。

確かに歯を抜いたらそのままでいい場合もあります。でも、基本的には歯を抜いたら抜いた歯の代わりに何か代わりの歯を入れないといけないです。

 

入れ歯を入れなくてはいけない理由

歯を失った後に歯を補う方法としてはブリッジやインプラントといった方法もございますが、今日は入れ歯について説明します。歯を虫歯や歯周病で失ったら確かに今までのような歯の痛みや歯周病の悩みは解消されるでしょう。しかしそのままにしていたら大変なことになります。歯を抜いた後のすぐの期間はそのままでも問題なく過ごせると思います。でもしばらくすると・・残った歯は抜いた後のスペースに寄ってきたり伸びてきたりして動くのです。そうすると歯並びのバランスが崩れたり、かみ合わせがおかしくなってしまいます。「それでも支障ないわ」と放置するのもよくないです。上手く食事が出来なくて他の病気に繋がったりしてしまいますからね。

入れ歯を作った方でも、合わないと言って使っていないと同じように歯が動いてきてしまい、入れ歯がさらに合わなくなり作り直しになってしまうこともあります。それに、入れ歯を入れていないと唇がシワシワになり顔貌が変わってきます。同じ年齢でも歯があったり入れ歯をちゃんと入れている方老けてみえてしまうわけです。

 

まだ健康な歯がある方

歯を抜いたままにしている方は早めに入れ歯や他の治療方で歯を入れましょう。そして入れ歯は完成したらピッタリ合うものではないです!最初は柔らかいものから食べて慣れていくものです。歯が入って今まで食べることができなかったものを食べられる!!と思い最初から硬いものを噛むと痛めます。何回か調整してもらったり、定期的に点検にきて調整してもらいましょう!

そしてまだ健康な歯がある方は「歯なんていらない」と思わずに大切にしてください。入れ歯を使用している患者さんは揃ってこう言います「歯は失ってから大切さに気付く・・」と。やっぱり入れ歯は本物の歯のようには噛めないのです。食べるのが大好きな方はご自分の歯を大切にして下さいね(´・ω・)